社会保険労務士 介護事業所 労務管理 行政書士 グループホーム 小規模多機能型居宅介護 訪問介護 ケアハウス デイケア 札幌、石狩、千歳、恵庭、苫小牧、小樽 余市 仁木 倶知安 岩内 社会保険労務士 行政書士 川村法務事務所
グループホーム・小規模多機能型サービス,訪問介護・ケアハウス・デイケア介護に携わるお仕事をされている経営者の皆様へ 賃金の不満の解決策は? 会社の基盤を整えたい 会社の内情は誰に相談したらいいの?
HOMEこんなお悩みありませんか?主な提供サービス案内・価格ご依頼までの流れ・手順お問合せ・相談窓口事務所案内

HOME > こんなお悩みありませんか? > 業務体質改善・組織化についての悩み

こんなお悩みありませんか?
以下のような「業務体質改善・組織化についての悩み」はございませんか?

■業務体質改善・組織化についての悩み
介護記録の内容に記載ミスがありました。
介護記録の内容の内容を確認していたところ、記載ミスがあることがわかりました。記載事項を訂正する場合、訂正者、訂正日等の記録は必要ですか?
このような解決策があります

年数回のボランティアの人も個人情報保護の誓約書は必要ですか?
当施設には、施設行事の時の年2回だけ、ボランティアをしてくれる方がいます。
このような年数回しか訪れないボランティアの方々にも個人情報保護の制約は必要ですか?
このような解決策があります

介護事業所として各種官公庁への提出書類の正しい書き方がわからず、いつも疑心暗鬼の状態で提出しています。正しい書き方というのはありますか?
介護事業所として各種官公庁への提出書類の正しい書き方がわからず、いつも疑心暗鬼の状態で提出しています。正しい書き方というのはありますか?
このような解決策があります

事務所を移転する予定です。どこにどのような申請書類が必要になるのでしょうか?
現在は札幌市北区に介護事業所を構えています。半年後に事務所を石狩市へ移転する予定ですが、その場合はどのような手続きが、どのような申請が必要になるでしょうか?
このような解決策があります




介護記録の内容に記載ミスがありました。
介護記録の内容の内容を確認していたところ、記載ミスがあることがわかりました。記載事項を訂正する場合、訂正者、訂正日等の記録は必要ですか?
何らかの紛争に備え、誰が、いつ、なにを訂正したか明確にしておく必要があります。

現段階では、訂正に関する法的な定めはありません。
しかし、何らかの紛争が生じた場合には訂正箇所等が明確にされていない場合は、改ざんと見なされる恐れがあります。よって、訂正に関しては、誰が、いつ、なにを訂正したかを誰が見てもわかるようする必要があります。記録の訂正については、事業所単位で、訂正のルールを作成し従業員に周知徹底することをお勧めします。

  この様な状況を根本的に解決するには

前のページへ戻る

ページ上へ


年数回のボランティアの人も個人情報保護の誓約書は必要ですか?
当施設には、施設行事の時の年2回だけ、ボランティアをしてくれる方がいます。
このような年数回しか訪れないボランティアの方々にも個人情報保護の制約は必要ですか?
個人情報保護に関する誓約については、雇用関係にある人に限らないとされています。よって必要になります。

個人情報保護法では雇用関係以外の人にも、安全管理措置を遵守させるよう監督を行わなければならないとしています。ゆえに、労働時間やボランティア等に関係なく、個人情報を漏洩しないという誓約が必要と考えられます。

  この様な状況を根本的に解決するには

前のページへ戻る

ページ上へ


官公庁へ提出する書類の正しい書き方がわかりません。
介護事業所として各種官公庁への提出書類の正しい書き方がわからず、いつも疑心暗鬼の状態で提出しています。正しい書き方というのはありますか?
官公庁への提出種類の書き方については、役所ごとに異なります。

また、その書類によって、提出するタイミングや内容記載のポイントというのもあります。それをふまえた書類を作成することがポイントになります。また、管轄役所の担当者によっても異なる場合もありますので注意が必要です。

  この様な状況を根本的に解決するには

前のページへ戻る

ページ上へ


事務所を移転する予定です。どこにどのような申請書類が必要になるのでしょうか?
現在は札幌市北区に介護事業所を構えています。半年後に事務所を石狩市へ移転する予定ですが、その場合はどのような手続きが、どのような申請が必要になるでしょうか?
法人のみの移転手続きは市町村に所在地変更届を提出します。介護事業所を伴っての場合は事前の確認が必要となります。

介護事業所を移転する場合には、法人のみ移転であれば、市町村に所在地変更届を提出します。ただし、介護事業所を移転する場合には、各市町村で作成している介護事業計画で区域ごとに事業所定数が定められているため、区域によっては移転ができない場合もありますので、予め市町村に確認する必要があります。また、法人の所在地を移転する場合には「法務局」「社会保険事務所」「労働基準監督署」「公共職業安定所」などへの様々な手続きが必要になります。期日も決められていますので、前もって必要な書類を作成しておく必要があります。

  この様な状況を根本的に解決するには

前のページへ戻る

ページ上へ


提供サービス案内・価格へ


前のページへ戻る

お問合せ・相談窓口
人にまつわる問題解決策
例1.就業規則は経営者を守る?
書類作成.申請書類問題解決策
例1.スポット依頼で書類整備
介護現場の様々な悩み解決策
例1.基盤整備に悩みが多い時



社会保険労務士・行政書士
川村法務事務所

〒006-0853
札幌市手稲区星置3条9丁目
TEL/FAX
011-681-1878


ページ上へ
当サイトではSSLに対応しています。すべての個人情報は暗号化して送信されます。

HOMEこんなお悩みありませんか?主な提供サービス案内・価格ご依頼までの流れ・手順お問合せ・相談窓口事務所案内
ご依頼いただく場合の注意事項プライバシーポリシー関連法令について推奨テンプレート集札幌圏介護事業所リンク集 札幌、石狩、千歳、恵庭、苫小牧、小樽の 社会保険労務士・行政書士 川村法務事務所 介護事業所お悩み相談室