代襲相続
代襲相続とは、相続が開始されたときに相続人が死亡していたり、相続する権利を失っていた場合に、その相続人の変わりに、相続人の直系卑属(子や孫)が相続すること

スポンサーlink

代襲相続

代襲相続は、法定相続人となるべき人が、被相続人より先に亡くなっていたり、相続欠格・廃除により相続権を失っていたりした場合に、その法定相続人の直系卑属(子)が法定相続人の変わりに相続する制度です。この場合の相続人を代襲相続人といいます。

相続欠格とは、一定の理由のある者が相続人の資格を失う制度です。
たとえば、先順位の相続人を殺害した者など。

廃除とは、被相続人を虐待したりして被相続人が家庭裁判所に請求して相続権を剥奪する制度です。

相続放棄をした場合には、代襲相続の制度の適用はありません。
また、法定相続人となるべき人が相続欠格などにより相続権を喪失した場合、その後に懐胎した子供には代襲相続権はありません。


代襲相続人(代襲相続しうる人)

代襲相続人となるのは、

@ 子の子
A 兄弟姉妹の子

なお、被相続人に子供がいない場合は、直系尊属(父母・祖父母)も相続人になり得ますが、代襲相続はありません。


再代襲相続

再代襲相続とは、被相続人が亡くなったとき、その子供(B)のみならず子供の子(C)も死亡していて、Cに子供(D)がいるという場合には、そのDが被相続人を相続することになります。
これを再代襲相続といいます。

ただし、兄弟姉妹の代襲相続については、再代襲相続はありません。つまり、甥や姪の子には代襲相続はないということです。


直系卑属と養子の関係

養子縁組をすれば、養子と養親は「養子縁組の日」から法定血族関係になります。
養親は、養子縁組時点の養子の親族とは親族関係がありません。したがって、養子縁組前の養子の子は直系卑属にならないので、養親が亡くなった場合には、相続人(養子)の代襲相続人とはならないことになります。
しかし、養子縁組後に生まれた養子の子は養親の直系卑属ですので代襲相続人となります。




スポンサードリンク