香典・弔慰金・祭祀財産(仏壇・墓地など)・遺骨
相続財産の範囲

スポンサーlink

香典・弔慰金

香典や弔慰金は、葬式を主宰する喪主や遺族に贈られるものであって、相続財産には含まれないと考えられます。

祭祀財産(位牌・仏壇・墓地等)

祭祀財産、すなわち系図・位牌・仏壇・墓地・墓石などの所有権は相続の対象にはならず、慣習に従って特定の人が承継することになります。

誰が承継者になるかは民法によって定められています。
@ 故人から祖先の祭祀を主宰するよう指定された者。
子の指定には、特別の形式があるわけではありません。
A @の指定がない場合には、その地方の慣習によって決められる。
B @及びAのいずれによっても決められない場合には、家庭裁判所に調停・審判を申立て決められる。

これらは、相続分や遺留分とは関係がなく、相続の放棄・承認の規定に関しても適用がありません。


遺骨

遺骨は、戦前の判例で相続人に帰属するようなものがありますが、最判平成元年の判例では、「遺骨は故人の祭祀供養をするものに帰属すると解するべきである」としています。

すなわち、遺骨は相続の対象にはならないと考えられています。





スポンサードリンク